展覧会応募作品

公開日/制作

「my face」

ブルガリア第22回国際 HUMOUR AND SATIRE ビエンナーレ GRAPHICS & DRAWINGS部門 入選作品

シンプルな鉛筆の線画に黄緑色のベタ塗り。骸骨のような顔の人から角のようなものが生えていて、その先に5つのお面がある。一つを手に取っている。

「hats」

シンプルな鉛筆の線画に黄色のベタ塗り。黒い男性用帽子とピンクのつばの広い女性用帽子を持つ人がいる。女性用帽子には鎖で重りが付けられている。

ポストカード

公開日/制作

マフラー、冒険、ダンス

3枚のポストカード画像。シンプルな鉛筆の線画に少ない色彩でのベタ塗り。鳥2匹がマフラーを巻いてジャンプしているポストカード。青い熊みたいな生き物とその頭に付いているピンクのスポイトみたいな生き物、黄色い熊みたいな生き物が、森を冒険しているポストカード。熊二匹が少しドレスアップして踊っているポストカード。

作品

公開日/制作

「birth」

輪郭線の無い絵。グレー調。蛾が三匹いて、その目のような模様の輪郭は濃いピンク。骸骨をかぶったような生き物が、ワイングラスのような植物の中で膝を抱えている。目玉のようなものが10個くらいある。ぶら下がっている目玉もある。

「繁栄」

ペン画にベタ塗り。月夜の砂漠を人間の脳の形をしたピンク色の昆虫が歩いている。その先にカラフルな世界。リボンの形の蝶々や桜の花、目玉が中心にある赤いポピーなどある世界。脳の形の昆虫と一緒に小さい生き物もその世界に向かっている。

作品+展覧会応募作品

公開日/制作,

「forest-1」

大きな目から流れた涙が黒く地面に染みる。口や足首や鳥みたいな生き物や猫みたいな生き物など、細々と散りばめられている。ペン画にデジタルでベタ塗り。

「forest-2」

涙で黒くなった地面。足首だけの足が地面にいっぱいある。段々芽が生えてくる。空には頭や羽などいろんなものが飛んでいる。左半分が黄色、右半分が青の空。ペン画にデジタルでベタ塗り。

「forest-3」

草が生えた。丸い星みたいなものが右側に溜まって黒くなっている。空は紺色、地面は紫。ペン画にデジタルでベタ塗り。

「forest-4」

静かな夜になった。小さい木や小さい鹿みたいな生き物も休んでいる。鳥もいる。全体的に暗い青色。地面から緑が出てきている。ペン画にデジタルでベタ塗り。

「forest-5」

ブルガリア第20回国際 HUMOUR AND SATIRE ビエンナーレ GRAPHICS & DRAWINGS部門 入選作品。
応募するにあたって、2009年に制作したものを手直ししました。

森になった。腕が地面に生えているような木。頭だけが4つ逆さまにぶら下がっている。全体的にグレーだが、地面にある目だけ黄緑色。白くて小さいヤギみたいな生き物が7、8匹、その目を見ている。ペン画にデジタルでベタ塗り。

作品

公開日/制作

線とノイズ

細い横線が密集している。紺や白っぽい青紫。ザーっという感じの砂っぽいノイズがある。

展覧会応募作品

公開日/制作

「A POOR SWIMMER in EVERYDAY-1」

砂浜に一人、大きな鳥に掴まろうとしている。海には足や手、花などが浮かんでいる。いろんな色が重なった線画に、少し凸凹したベタ塗り。

「A POOR SWIMMER in EVERYDAY-2」

「A POOR SWIMMER in EVERYDAY-2」ブルガリア第19回国際 HUMOUR AND SATIRE ビエンナーレ GRAPHICS & DRAWINGS部門入選

海の上に鳥に掴まった人がいる。大きな手の指先が蛇になっていて、それに食べられそうになっている。海には溺れている頭がある。いろんな色が重なった線画に、少し凸凹したベタ塗り。

「A POOR SWIMMER in EVERYDAY-3」

下は海、上は森。森の猿から伸びた手に首が繋がっていて、上から海に少し頭が浸かっている。いろんな色が重なった線画に、少し凸凹したベタ塗り。

「A POOR SWIMMER in EVERYDAY-4」

海で溺れているような泳いでいるような人。手がいっぱい生えた大きな腕が伸びて、大きなコップで海に水を流している。いろんな色が重なった線画に、少し凸凹したベタ塗り。